排球少年 > 文章 > 情报 > 排球少年237话情报图

排球少年237话情报图

时间: 17-01-12 16:42 来源:排球少年中文网 我要评论

 排球少年237话情报图

排球少年237话情报图

排球少年237话情报图

排球少年237话情报图

排球少年237话情报图

扉絵はごちそうを食べまくる烏野メンバー。  

自分の顔より大きなおにぎりを食べる日向。  

『イマ食べたもの全てが、やがて血となり肉となり、先へと進む力となる――!!』  

寺泊のボールを胸で受ける日向「オブ!!」  

思わず涙目になってしまう。  

(前出すぎたァァ…!!)  

すかさず田中がフォロー。  

「サイッ」  

「田中ナイスフォローッ!!」  

田中「旭さん!」  

最後は東峰が押し込む。  

実況『3番東峰上手く押し込みました!』  

西谷&菅原「「おおっし!!」」  

烏野18-18椿原  

実況『烏野高校がブレイク!!同点に追いつきます!!』  

カップル女「はぁ――やっと決まったあ~」  

カップル男「長いラリー疲れる…」  

山口「日向ってホント運が良いのか悪いのか…」  

西谷「いや」  

「翔陽は今“わかって”あそこに居たぞ」  

山口「!」  

【日向サーブ2回目】  

貝掛「オーライ!」  

越後のトスに、すぐ横の寺泊が飛ぶ。  

しかしよく見ていた月島。  

月島(バック・)  

(アタック)  

後ろから飛んできた丸山にドンピシャであわせる月島。  

月島(プッシュ)  

ブロックに弾かれるボールをしっかり捉えていた日向、  

またしてもボールの進路にいち早く飛び出す。  

西谷&月島「「!」」  

日向「オブ!!」  

今度は肩で受ける日向。  

山口「!?」  

会場「!?」  

えぇ…みたいなリアクションの観客席。  

日向(また出過ぎたァァッ…!)  

澤村がフォローに入る。  

澤村「クッ」  

それを田中がすかさず相手コートへ。  

誰もいない所に向かうボール。  

丸山&貝掛((クッソムカつくとこにっ))  

観客席の黒川(烏野の前主将)  

黒川「……」  

【黒川回想】  

『ラスト返せ田中!』  

田中『フンッ』  

『アウトーッ』  

田代『気合いで打ちゃあ良いってモンじゃねぇぞー!』  

田中『ハァイ!!』  

田中龍之介(中3・体験入部中)  

菅原『完全に口だけ返事』  

澤村『センスは良さげだ』  

東峰『あれ後輩かぁ~…』  

黒川『………』  

【回想終わり】  

田代「ハァ~!良いトコ返しよる!」  

「よく見てんなぁ…!」  

頷く黒川。  

越後「丸山(マル)!」  

丸山「オァッ」  

「越後ラスト!」  

越後はわざと影山にボールを送る。  

影山「!」  

「チッ」  

実況『セッター影山がファーストタッチ!』  

解説『セッターに取らせて多彩な攻撃を封じましたね』  

イラつく影山。  

澤村「月島」  

月島「ハイ」  

東峰「レフト!!」  

月島「東峰さん」  

影山「!」  

田中「!」  

菅原(月島は得意な事でなくてもそれなりに“こなす”)  

(でもこれは)  

(少しのぎこちなさと)  

(最大限の)  

(“丁寧”)  

フワっと高いトスを上げる月島。  

『トス低い!雑!!』と怒鳴る五色の顔が浮かぶ。  

月島「……」  

東峰(うおなんか)  

(感動)  

気合いの入る東峰。  

「ブロック3枚!!」  

「!」  

渾身のアタックはブロックを弾いて場外へ。  

丸山「ア”ア”ッ!」  

実況『3番東峰ブロックを弾き飛ばしたーっ!!烏野高校が連続得点をもぎ取るー!!」  

カップル「“サムライ”つえーっ」  

烏野19-18椿原  

じわっとくる田代「東峰っ立派になったのは見た目だけじゃないなっ…!」  

黒川「そうっスね」  

東峰「月島ナイストス!」  

月島「あハイ」  

(やっぱ距離感掴みにくいな)  

(ぶっちゃけ半分はラッキー)  

解説『1年生月島君打ちやすい良いセットアップでしたね』  

『ああいうのがちゃんとできるかどうかでチームとしての完成度に差が出てきますよね』  

無言で月島を睨む影山「……」  

月島「……」  

「日向(チビ)と同じ様な反応すんのやめてくんない」  

『くやしさをかんじます』  

影山「あ??(怒)」  

一方、観客に笑われる日向。  

観客「あの10番“体当たり”得意なのかな(笑)」  

「手で取れよー(笑)」  

顔を赤くする日向「くっ…!」  

(今日2回目…!)  

澤村(…いつもの“野性的反射”とかじゃなくて)  

(“読んでいた”)  

そのことに影山も月島も気づいていた。  

コートの選手たちを見る滝ノ上。  

滝ノ上「なんつーか…」  

「育ってんな…!」  

日向はさっきの月島のブロックを思い出していた。  

日向(そうだよな)  

(強打じゃないからって前に落とすとは限らないじゃんか)  

真剣な日向の横顔を見ている武田(ああ)  

(インプットしている)  

■一つ一つを糧にしてー!!

翻页快捷键:←|→

评论